家族で国内旅行を行う


1
画像参照:TANAKA Juuyoh (田中十洋)

家族で国内旅行を行う場合の移動手段は、子供が小さい場合には、自動車よりも列車で移動する方がコストは掛かりません。
小学校に入学する前は飛行機以外は子供料金も掛かりませんので親の分だけで済ますことができます。
列車のデメリットとしては、子供が車両内で大人しく座ってられるかを親が気を張っていなければならないという点があげられます。
飛行機で移動する場合には3歳以上になると子供料金が発生します。料金も電車や自動車よりも割高となるため、
遠方の旅行先じゃない場合はなかなか利用できない移動手段かもしれません。

自動車の場合はどうなのでしょうか。自動車は行動という面では自由度が大きくなります。
最近はガソリン代が安くなっているので費用面でも多少の改善が見られます。夫婦で交替で運転が出来れば良いのですが、一方だけが運転することになると、渋滞などの多い時には運転者に大きな負担が掛かります。
しかし、子供と共に旅行している場合は、いつでもパーキングエリアに車を停めて休憩できる自動車は気兼ねなく移動できるという点で自由度や料金など総合的に判断するといくと一番便利です。
車であれば日本中どこへでも行くことが出来ますし、時間の節約を図ることも出来ます。

宿泊場所についても四人ぐらいで一部屋に宿泊することが出来れば、宿泊費としては安く済ませることが出来ます。特に、和室と洋室がセットになっている和洋室の客室が近年、家族旅行に人気の客室となります。